おひさまキラキ
園名の由来
『むぎの穂』の園名はこの聖句からいただきました。
自然な成長発達の法則に従い、きらきらと輝く麦の穂のように一人ひとりの個性や可能性が育ち実る。
むぎの穂保育園は、子どもたちにとっての楽しく豊かな土壌でありたいと願っています。

基本理念
キリスト教の愛の精神を、子どもとその家族に伝え、平和な人格の育成に努めます。
地域社会のニーズに応える乳幼児福祉施設として、社会と人々に貢献します。
私たちの思い
「三つ子の魂百まで」と云うように、
保育園に在園する時期の子どもたちは
人生の中で最も重要な“人として生きるための基礎作り”をしており、
この時期のあり方が一生を左右すると言っても過言ではありません。
私たちは、子どもたちの成長を無理に求めたり、
大人の考える型にはめこむことなく、
子どもたちの成長を十分促す環境を整え、
子どもたちが必要とする時は手をさしのべながら、
一人ひとりが自分の力で、自分のペースで育っていく過程を
大切にしたいと思っています。
また、日々の保育の中では『徳育』『知育』『体育』の各面に力を注ぎ
さまざまな角度で子どもたちを支え育んでいけるよう努めています。
徳育はキリスト教の精神に従い、お祈り・聖書のお話などから
道徳心や宗教心を培います。知育・体育は、モンテッソーリ教育を土台として、
絶えず研究を深めつつ全人格教育を目指しています。

むぎの穂保育園は、日本モンテッソーリ協会の団体会員です。