おひさまキラキ
給食の献立
9月の給食室から

< 9月1日は防災の日 〉

 
近年、大地震や台風、集中豪雨による土砂崩れ、洪水などの自然災害が続き、備えることの大切さを感じる事が多くなっています。皆さんのご家庭では非常食の準備は出来ていますか?              いざと言う時に焦らないために今の うちから準備しておく事が大切です。非常食には、水・アルファ米(水を入れるだけでご飯になる保存食)・パン・缶詰・ビスケットなどが挙げられます。乾パンなどの硬い物は、子どもには食べづらいので食べやすい物を選んであげて下さい。また、子どもが日常的に食べ慣れているお菓子などもストックしておくようにしましょう。災害時には環境の変化により精神的に不安定になる為、食べ慣れない非常食では心身を満たす事が難しい事もあります。食べ慣れたお菓子が心を癒し、命を救います。
 保育園では、水・アルファ米・レトルトカレー(アレルギー対応)・粉ミルクなどを非常時に備え備蓄しています。その他にも、お菓子・缶詰・乾麺・乾物など普段から使う食品を多めに買って、使った分を買い足し一定量を備蓄しておくローリングストック法で備えています。