おひさまキラキ
お便りと予定
8月のおたより

月組のお部屋から

 


~コロナ禍で過ごす子ども達の適応力~

今年度はコロナ感染予防の為、下のクラスでも例年とは異なる活動が沢山あります。
7月のプール遊びはシャワーになり、雨の日の過ごし方は密を避ける為に、2歳児は2階の

延長保育室へ遊びに行ったり、1歳児はエントランスや1階の延長保育室を使って遊んでい

ます。例年とは違う活動や新しい活動を始める事は秩序の敏感期である子ども達にとって不安もあり、大人も環境の準備や子ども達への配慮が必要となりますが、新しいことをやってみる事で色々な気づきがありました。

2歳児は2階のお部屋へ行けることをとても楽しみにしており、延長保育室へ向かう道中、上の各クラスを覗いたり、時にはお兄ちゃんやお姉ちゃん、保育士に声を掛けてもらいます。
今年度はコロナの影響で移行はしていませんが、上のクラスの様子を知る良い機会になっているように感じます。

この時期の子どもは、いつも同じ場所・いつも同じ方法が安心できると言われていますが、また一方で実に“適応力”がある事がよくわかります。この両方の力が折り合う為には、子ども自身が納得できたり、心地良いことが大切なのだと思います。分かりやすく理由を説明したり、楽しみや興味点を入れたりすると嫌がらず、新しい生活を過ごせるのではないかと思います。


今月のスケジュール
[9月の主な予定]
 1日(火)避難訓練
 3日(木)英語教室(A,B組)
 4日(金)体育教室
 
聖書の言葉
明日のことまで思い悩むな。
明日の事は明日自らが思い悩む。  
その日の苦労は、その日だけで充分である。
                          【マタイ6章 33.34】