おひさまキラキ
お便りと予定
12月のおたより

私たちは、子どもたちのよりよい成長を願うばかりでなく、自分も親として、共に成長していかなれけばなりません。むしろ、子どもが親にしてくれるといえるでしょう。
ところで、親として、自分を振り返る素敵な祈りをご紹介しましょう。

『親の祈り』
もっとよい私にしてください。 子どものいうことをよく聞いてやり、
心の疑問に親切に答え、子どもをよく理解する私にしてください。
理由なく子どもの心を傷つけることのないように、お助けください。
子どもの失敗を笑ったり怒ったりせず、子どもの小さい間違いには目を閉じて、
良いところを見させてください。

良いところを心からほめてやり、伸ばしてやることができますように。
大人の判断や習慣で子どもを縛ることのないよう、
こどもが自分で判断し自分で正しく行動していけるよう、
導く智恵をお与えください。

感情的にしかるのではなく、正しく注意してやれますように。
道理にかなった希望はできるかぎりかなえてやり、
彼らのためにならないことはやめさせることができますように。

どうぞ意地悪な気持ちを取り去ってください。
不平を言わないように助けてください。
こちらが間違った時にはきちんとあやまる勇気を与えてください。
いつも穏やかな広い心をお与えください。

子どもといっしょに成長させてください。
子どもが心から私を尊敬し慕うことができるよう、
子どもの愛と信頼にふさわしい者としてください。
子どもも私も神様に生かされ、愛されていることを知り、
他の人々の祝福となることができますように。

★クリスマス献金のお願い

今年は、幼い難民を考える会に寄付したいと思います。
私たちとは全く違うクリスマスを過ごさねばならない子どもたちがいます。
どうぞ子どもたちといっしょに、大変な生活を送っている人たちへ
思いを馳せる機会となりますように、よろしくお願いします。

今月のスケジュール
[1月の主な予定]
5日(金)/保育始め 11日(木)/お餅つき 13日(土)/パパと一緒day
24日(水)・25日(木)/保育参観(下のクラス) 25日(木)・26日(金)/保育参観(上のクラス)
今月の聖書のことば
     わたしたちが互いに愛し合うなら神は
         わたしたちのうちに留まられます。
    
                                ヨハネ 4-12