おひさまキラキ
お便りと予定
2月のおたより
「いやいや期」は成長のチャンスです!


[ご飯食べる!?]「いや!」 「片付けしてね。」「いや!」何でも「いや!」で困ってしまうと言う声を耳にする事があります。でも、この「いや!」には理由があります。
 この時期は、心の自立が始まり何でも自分で決めてやりたい時期。「いや!」と言った事で上手く出来なかったり、後悔したりする経験をしながら、大人の反応を見ながらどこまで主張出来るかを学んでいるのです。
 しかし、何でも「いや!」を主張されるとどうして良いのか困るのも当然でしょう。そこで、保育園で取り入れているモンテッソーリ教育の「選択」という方法と、家庭で出来る簡単なお手伝いを紹介したいと思います。

★選択肢を与える

◎ 上手な選択肢を与える ・・・ 「○○と△△のどっちにする?」
     ↓
◎ 自分で選んだ事を実行する ・・・自分で選んで納得いくまで関わる
     ↓
◎ 満足感が得られる  ・・・ 達成感を持て、精神的にも安定出来る
       
 選択肢は、どちらの選択をしても適切な結果になるように大人が考えて選択肢を与えると良いです。
 また、大人が決めつけてしまわずに子どもの意志を問う事で、人格として尊重されていると感じるの
 です。

★お家でも出来るお手伝い

◎ 野菜をあらう ・・・ 子どもサイズのボウル、たわしを準備します。

◎ 水拭き    ・・・ 子どもサイズのバケツ、布巾を準備します。バケツの水は半分でOK。
             水を入れる目安としてテープをバケツの内側に貼ると分かりやすいです。

◎ プランター園芸・・・ 小さなじょうろを準備し、水やりを日課にしても良いですね。

                  
「感覚」 「運動」 「秩序」の敏感な時期に簡単な手伝いをさせてあげることは、
満足を得られて、「いや!」が減ることになるのです。
子どもの行動に困ったら、止めるのではなく「どうしたらさせてあげれるのか!?」と
視点を変える事で大人のイライラも少なくなるのではないでしょうか。
 子どもの成長は、大人の成長でもあります。大人の努力と工夫は、必ず子どもに伝わり
ます。大人も子どもと共に成長し合えると素敵ですね。


今月のスケジュール
[3月の主な予定]
  1日(金)ひな祭り     16日(土)新入児説明会 
 30日(土)新年度準備ご協力日

聖書の言葉
 あなたがたの思い煩いをいっさい神にゆだねなさい。
 神があなたがたのことを心配してくださるからです。
                         【 ペテロの手紙第1、5章7節 】